この記事は約 2 分で読めます ( 約 887 文字 )

平成28年5月21日に消費者保護施策としてWiMAXも初期契約解除制度が適用されています。

平成27年5月22日に「電気通信事業法等の一部を改正する法律(平成27年法律第26号。以下、「改正法」という。)」が公布され、平成28年5月21日から施行されています。改正法と関係法令では、携帯電話サービス、光回線インターネットサービスなどの電気通信サービスについて、書面交付義務、初期契約解除制度、適合性の原則、自動更新時の事前通知など、新たな消費者保護ルールが導入されました。

総務省|電気通信消費者情報コーナー|電気通信事業分野における消費者保護施策

具体的にどう変わるのかは、同総務省からPDFファイルがありますので見ておくと良いですよ。⇒電気通信サービスの消費者保護ルールの見直し(PDF)

 

メチャクチャ簡単に要約すると、契約してから8日間は利用者の都合によって契約を解除できる、ということです。
PDFから一部をキャプチャしたのが下記画像です。

初期契約解除制度ってどんな制度なの?

 

わたしも使っているBroadWiMAXでも、具定期なキャンセル方法が掲載されていました。

BroadWiMAX 8日以内の契約キャンセルが可能
BroadWiMAX>特集一覧>8日以内の申請で契約キャンセルが可能!

 

  1. 端末の到着後、ネットが使いづらいことが発覚
    実際にWiMAXを利用してみたら、自宅では電波が入りづらい・または使いにくいことがわかりました。
  2. 端末到着後8日以内にキャンセル申請
    端末到着“8日以内”にサポートサイトからお電話で申請をします。
  3. キャンセル申請から7日以内に商品を返送する
    キャンセルの申請後“7日以内”に必要なものをすべてまとめ、端末配送時の箱に入れて返送します。
  4. キャンセル受付完了
    期限内に商品の返送が確認でき次第、キャンセルの受付が完了となります。
    ※事務手数料はお客様ご負担です。

 

注意する点としては、8日以内にキャンセルしたとしても事務手数料は必要です。BroadWiMAXだけでなく他のところでも同じです。まったく無料ではないです。

 

とはいえ、この法律ができたおかげで安心して契約できます。サイト上では電波が来ているエリアなのに実際には繋がらなかった!なんてことがあれば契約解除できますからね。

 

以上、ご参考ください。